皮膚科やAGA専門クリニックでは症例や副作用などの説明を受けることができる

男性型脱毛症による薄毛が気になったり、将来薄毛になる可能性があるかどうかが心配な人は、遺伝子検査を受けることをおすすめします。
AGA遺伝子検査は、アンドロゲンレセプター遺伝子を調べることで、男性型脱毛症を将来発症しやすいかどうかを測定する検査です。
この検査では、アンドロゲンレセプター遺伝子上のCAGとGGC塩基配列が、何回繰り返されているかを調べ、このCAGとGGCのリピート数を足した合計の数値を38都市、それよりも小さい場合は、AGAのリスクが高く、数値が大きければAGAのリスクが低いと判断しています。
現在の薄毛の多くは、AGAが原因だといわれています。そのため、薄毛の相談をしに病院に行くと、ほとんどの場合AGA治療薬による治療が行われます。
ただ、薄毛の原因がほとんどがAGAといっても、他にも原因は存在しますし、プロペシアによる治療効果が低い人も存在することから、遺伝子検査によって自分がどういったタイプの薄毛なのかを知ることができます。
検査によって自分の体質をある程度はっきりと知ることで、自分がどういう進行リスクがあり、どのような薬が効果があるのかなどの、不安も解消することができます。
男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるアンドロゲンによる影響が大きく、人によって薄毛の症状や原因も異なりますから、適切な対策というのは人それぞれ異なります。
多くの場合、自分の薄毛の原因と症状を知らずに正しい対策をとることはできません。自分にあっていない適当な治療法では、意味はありませんから、遺伝子検査によって自分の薄毛の原因と対策を知り、適切な治療方法を行うことが、薄毛改善になるための第一歩となります。
男性型脱毛症の治療薬として、もっとも有名なのはプロペシアです。
このプロペシアの成分であるフィナステリドは、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの発声をブロックする作用があり、抜け毛を改善させることができます。
ただ、これは、薄毛の原因はジヒドロテストステロンによるものである場合に限り、フィナステリドの効果が期待できます。
一方、遺伝子検査でジヒドロテストステロンの影響をあまり受けていないことが判明した場合には、プロペシアは全く効果がなく、無駄なお金をかけることになってしまいます。
検査を受けた後、自分の薄毛の原因や対策法がわかれば、専門クリニックや皮膚科で適切な治療を受けることで、薄毛や抜け毛が改善できます。
専門クリニックでは、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬以外にも、オリジナルのカクテルを利用したメソセラピー治療などもありますから、自分にあった治療を受けることができます。
専門クリニックでは、無料カウンセリングも行っていますから、治療薬による副作用などが心配な場合は相談し、治療による症例なども確認しておくと安心です。
男性型脱毛症は、進行する薄毛なので、できるだけ早期に治療することをおすすめします。aga新宿